飲食やっぱり給与が安い!

給料が安いと聞くと思い出すのが製菓関連の仕事、つまりパティシエなどの仕事ですね。

 

これは大手か個人店の違いもありますが、いずれにしても安いと思います。

 

かつて在籍した会社は百貨店が資本の大きい職場、いろんな役職がありましたがなぜかパティシエに限っては安月給でした。

 

しかし販売は違う部署の管轄で全然設定が違いまして、8時間勤務で残業はほとんどなし、ボーナスも結構出てたのを聞いてびっくりしたのを憶えています。

 

シェフですらそんなにもらってなかったようですから、おそらく製造の部署だけ仲間はずれな感じだったのではないでしょうか。

 

パティシエのスタッフは朝6時出社で繁忙期は終電近くまで終わりませんし、クリスマスは徹夜が当たり前でしたから、街場の個人店と変わりませんでした。

 

それでいて残業手当はなし、昇給もほとんど記憶にないですね。

 

ただ技術を学びたくてしばらくいましたが、5年ほどでとうとうギブアップし、結果的に転職することにしました。

 

もちろんまた復帰したいと思いましたが業界内での職人の地位の低さ、独立するか待遇の良い企業でシェフになるかしか生活水準を上げる方法がないのに希望を見出せないまま時間が経って行きました。

 

才能があれば別なんでしょうが、一般水準の範囲だとどこに行っても差はあまりないようですし、後はどこで自分の能力を見極めるかなのかもしれません。

 

中には本当にスターパティシエになれる人もいますから、資質と運があれば道は開けるのかもしれませんね。

 

そうでない場合はずっと安い給料は覚悟した上でやるしかありません。