もはや詐欺?保険外交員では食べていけない

私は以前、派遣社員だったころに正社員で働いた方がいいのではないか?と友達に誘われて保険外交員の仕事に就きました。

 

まずは、保険を取り扱う知識を得るためのスクールが一か月あります。その後、試験を受けて合格すれば次の一か月間主力商品の勉強をしてから実践になるのですが誘ってきた友達はなんと組織長だったのです。いわば、外交員になる人を連れてくれば自分の評価とお給料にすぐさま反映するヤツです。それが理解できたのは二か月が経って正式採用になる時でした。

 

目の前で「採用賞」と表彰されていて、商品券をもらっていたんです。なんだか嫌な気分でしたが、私も勉強しているだけでお給料をもらっていた身分なので何とも言えずにいました。

 

会社側も採用したいから必死なんだと思います。毎日交通費だけは現金支給で、お昼のお弁当も用意してくれていましたし、採用予定者専用のコーヒーメーカーが置いてあり飲み放題だったんです。

 

本採用になってからはインスタントコーヒーしか飲めませんでした。給料体系も分かりやすく、月にどれくらいの保険を加入すればいくらの給料になるのか自分で計算できるようになっていました。

 

しかし、所詮は営業です。契約が取れない月もあります。私の場合、一年間は人並みのお給料をもらっていたのですが、次第にやる気もなくなりバイトが本業のような生活をしていたら、成績がガタ落ちになってしまったんです。

 

先輩に以前見せられた「48000円の給料明細」が私にも来てしまいました。最低賃金の関係で翌月には差額が補てんされて8万円くらいにはなるのですが、それが三か月続いたら降格のお達しが所長の口から告げられました

 

真面目に取り組んでいない事も気づいていたんだと思います。ストレスで精神的にも追い詰められていたので丁度いいと思い退職しました。お給料やストレスを考えると私の場合は派遣社員を続けていた方が良かったです。