クレジットカード会社

とくに何も深く考えずに、某クレジットカード会社(東証1部上場)に中途入社しました。5年勤務していましたが、あまりの給料と手取りの低さに将来を見いだせずに退職しました。

 

ちなみに退職時の年収は350万円程度、普段の月収は社宅費を除くと、手取りで13万円程度でした。

 

当時、2歳の子供一人、配偶者がいましたが、私一人の収入ではどうあがいても家計をやりくりすることができず、奥様にも同じ会社でパートとして働いてもらっていました。

 

最終的には役職が付くわけでもない、収入が上がるわけでは無い状態で大阪転勤を命じられて、今までは子供を配偶者の実家に預けて、配偶者が働いていましたが、転勤になるとできなくなるので、退職することにしました。

 

会社の同時期入社にも聞きましたが、退職する半分以上の人が、収入の低さを理由に辞めているとのことでした。

 

仮に平社員の2つ上の役職であるマネージャー(この地位にいくだけでかなりの出世頭)になれたとしても、年収は税込みで500万円に届かず、仕事は大変になり、転勤も全国どこにでも可能性ありの状態になります。

 

まだ、やりがえのある仕事であれば、在籍しても良かったんですが、仕事事態も非常に単調で面白味も無い(ちなみに退職時に行っていた仕事は債権回収の電話コールでした)最終的には、同業種のクレジットカード会社に転職しましたが、同じ程度の仕事量、難易度であるにも関わらず、収入は1.5倍以上になりました。

 

やはり、会社はもっときちんと選ぶべきだと思いました。